☆「シューイチ」でお馴染みの経済ジャーナリスト渋谷和宏さんと弊社社長の対談①☆

こんにちは。総務課の和口です(*^_^*)

今年1月6~7日にFM鳥取で放送されました、

「トータルエナジーオオタスペシャル特番 経済ジャーナリスト渋谷和宏さんとこれからの地方の暮らしを語る2020」

の対談内容を記事にいたしました。

新型コロナウイルスの流行で気が滅入りがちですが、人と人との繋がりの大切さを改めて実感できる内容になっております。

まずは6日に放送された前編をどうぞ!

 

はじめに

【司会】
本日は株式会社トータルエナジーオオタの太田社長と、テレビやラジオ等各方面でコメンテーターとして活躍中の
経済ジャーナリスト 渋谷和宏さんをお迎えしています。

生活全般に関わる事業内容

【司会】
株式会社トータルエナジーオオタの事業について教えてください。


【太田】
昭和18年、鳥取市の雨滝で大工をしていた祖父が炭を買って役所に納めたことがエネルギー事業の始まりです。
昭和30年頃からはガスを、その後は灯油も扱うようになりました。近年は太陽光や電化も扱っています。
エネルギー事業スタート後、エネルギーを実際に使用する場所である台所、風呂場のリフォームの請負を開始し、
建築・リフォーム事業をスタートさせました。それが今から約40年前のことです。
当時はリフォームのことを「改造」と言っていたんですよ。


【渋谷】【司会】
あはは!そうですね、まさに改造ですね。


【太田】
そして、同じエネルギーの中でもガソリンを扱う自動車関連事業もスタートさせました。
現在、車の買取、販売、整備等を行っています。
一方、建築・リフォーム事業では新築の請負も開始し、祖父がしていた大工に一巡して返ってきたような状況です。
時代の変化と共に私共の事業も変化させてきましたが、エネルギー、住まい、車…すべてが繋がっています。
より地域の皆様のお役に立ち貢献していけるよう、事業に取り組んでいます。


【司会】
生活全般に関わる事業なんですね。


【渋谷】
本当にそうですね。私たちの生活と社会を支えてもらっていますね。

地方のビジネス、東京のビジネス

【司会】
幅広い事業展開をされているトータルエナジーオオタさんですが、鳥取という地方で事業を行うことと、
例えば東京で事業を行うことには違いがあると思います。渋谷さん、それについてどうお考えですか。


【渋谷】
事業・ビジネスとは、お客様に必要とされ存在価値を維持し信頼を得て適正な利潤を得ていくものですので、
地方も東京も基本的には同じです。
しかし、地方のほうが人口減少が進んでおり、日本が抱えている課題を先取りしているような状況です。
今の地方での、本当にお客様のことを思いお客様のプラスになるビジネスは、
将来の東京でのビジネスに展開できます。
そういう点では、地方が東京に先んじて日本の課題に向き合っています。
いずれは東京も高齢化により人口が減少しますから、地方で今やっていることがとても重要になってきます。


【司会】
地方でやっていることは小さいのかなと思いがちですが、
大きく見ると日本全体のビジネスチャンスに繋がっているんですね。

日本の地方のビジネスノウハウを世界に

【渋谷】
日本は世界で最も高齢化が進んでいる国なんですが、実は、高齢化は全世界で問題になっています。
日本の地方での、いかに高齢者が幸せに生活できるかを考えたサービス、
例えば住まいやエネルギーに関するサービスは、全世界のビジネスに横展開できます。
そういった意味でも、日本の地方で今やっていることは非常に重要です。


【司会】
世界規模なんですね!


【渋谷】
大げさに言えば、ここ鳥取で起きている問題は、いずれ全世界で同じように問題になります。
ですので今、人々が幸せに生きることができるサービスの仕組みを作っておくことが、
ゆくゆくは全世界で通用することになります。

お客様のニーズをキャッチ

【司会】
太田社長、昔と今でお客様のニーズに変化はありますか?


【太田】
あります。ニーズの変化を察知しながら私共は事業を変化させてきました。
年々増えているのは、ちょっとした用事を頼みたいが家に若い人がいないので困っているというお客様の声です。
これを受けて、数年前から便利屋事業を始めました。
家具の移動等の力仕事、クリーニング等、ご依頼内容は様々です。
これらのことは、今までは家族の中でやりくりできたことかもしれません。
私は、多い時で家族が11人いましたが、便利屋事業のニーズの高まりから、
高齢化・核家族化が進んでいる現状を強く実感しています。


【司会】
年齢を重ねると、今まで簡単にしていたことでも難しくなりますよね。


【渋谷】
ちょっとした段差が上がれないのも、そうですね。


【太田】
建築・リフォーム事業では、住宅内の段差をなくす工事も扱っています。


【司会】
「ここに手すりが欲しい」といったお客様の声もありそうですね。


【太田】
そうですね。

人と人との繋がり

※収録時(1月6日)の意見

【渋谷】
今、太田さんが話されていることは、実はものすごく重要なことなんです。
ITやAIが進歩していく中で、人手がいらなくなるのではないかと言われていますが、そうではないんです。
例えば、一人暮らしの高齢者の見守りはITだけではできません。何かあった時に駆けつける人手が必要です。
ですので、この高齢化社会の中で人がすべきことは増えていきますし、
フェイストゥフェイスで臨機応変に対応することが問われています。
このようなことから、太田さんがされていることは非常に重要なことだと思います。


【司会】
なるほど。これからの時代こそ、人と人とが顔を合わせる機会を作っていくべきなんですね。


【渋谷】
そうですね。意識してその機会を作っていかないといけない時代に入っていきますね。

 

前編は以上です。

トータルエナジーオオタでは、マスク装着、手洗い・消毒等を徹底し、

ソーシャルディスタンスを意識した臨機応変な接客を行っております。

新型コロナウイルス予防に万全を期して、これまで通りお客様のお役に立つ仕事を行ってまいります。

 

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お住まい
について
0120-22-8558 受付時間(9:00〜17:00)

〒680-0074 鳥取県鳥取市卯垣3丁目515

お車
について
0120-374-377 受付時間(10:00〜19:00)木曜定休日

〒680-0911 鳥取県鳥取市千代水4丁目78

メールでのお問い合わせ